不登校新聞

196号(2006.6.15)

兵庫・校門圧死事件 不登校の歴史vol.196

2018年11月22日 16:49 by shiko



 前回の宿泊治療施設反対の声をあげたのもその一つであるが、90年代に入り、子どもたちは生じる問題について声をあげ、行動し、どんどん積極的になっていった。

 90年初夏、兵庫県で校門圧死事件が起きた。一人の女子中学生が、まもなく授業開始というとき、校門へ駆けこんできたのだが、門のところに立っていた先生が、鉄扉を閉めたのである。

 扉の幅3~4メートルもある大きな重いものであり、扉はレールの上を勢いよく走り、ちょうど門に入ったその女子生徒は、コンクリートの鉄柱とスピードのついた鉄の塊に挟まれ、頭蓋骨が破裂し即死だった。

 先生は誰が遅刻するか見張りをするための立ち番で、その女生徒が走ってくるのを見ていたにもかかわらず、思いきり閉めたのだった。

 そして、さらに衝撃を与えたのは、その日はテストの日で、子どもが亡くなったというのに、平然といつも通りテストが行なわれたことであった。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

どんな支援が盛り込まれたか 不登校の歴史vol.509

509号 2019/7/1

川崎市の事件から何を学べるのか

509号 2019/7/1

やっと将棋を指せるようになりました【編集後記】

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...