不登校新聞

196号(2006.6.15)

「3年間で不登校を半減政策」 新潟市で開始

2018年11月27日 17:08 by shiko



 新潟市教育委員会が、市の不登校生徒数を3年間(06年度~08年度)で半減する目標を掲げた「不登校未然防止プロジェクト」をスタートさせた。

 新潟市内の不登校生徒数は05年度で787人(小学校154人、中学校633人)。

 市教委によると「毎年、約300名の不登校生徒が学校に復帰するのだが、新しく不登校をする生徒も毎年300名程度いる」とのこと。ここ数年、市内の不登校生徒数は、ほぼ横ばいとなっている。

 そのため市教委は、とくにいじめや不登校が急増する「中1ギャップ」の解消に取り組むことで、毎年約100名づつ「新規不登校」を予防し、3年後には半減に近づける意向だ。

 

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...