不登校新聞

196号(2006.6.15)

「3年間で不登校を半減政策」 新潟市で開始

2018年11月27日 17:08 by shiko



 新潟市教育委員会が、市の不登校生徒数を3年間(06年度~08年度)で半減する目標を掲げた「不登校未然防止プロジェクト」をスタートさせた。

 新潟市内の不登校生徒数は05年度で787人(小学校154人、中学校633人)。

 市教委によると「毎年、約300名の不登校生徒が学校に復帰するのだが、新しく不登校をする生徒も毎年300名程度いる」とのこと。ここ数年、市内の不登校生徒数は、ほぼ横ばいとなっている。

 そのため市教委は、とくにいじめや不登校が急増する「中1ギャップ」の解消に取り組むことで、毎年約100名づつ「新規不登校」を予防し、3年後には半減に近づける意向だ。

 

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

文科要請「2月中に登校してない子に面会を」、面会相手は先生以外も可

501号 2019/3/1

「先生だってたいへんなんです」精神疾患で休職する教員の実情は

499号 2019/2/1

「小児医療に警鐘」市民の人権擁護の会

195号(2006.6.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...