不登校新聞

196号(2006.6.15)

「3年間で不登校を半減政策」 新潟市で開始

2018年11月27日 17:08 by shiko



 新潟市教育委員会が、市の不登校生徒数を3年間(06年度~08年度)で半減する目標を掲げた「不登校未然防止プロジェクト」をスタートさせた。

 新潟市内の不登校生徒数は05年度で787人(小学校154人、中学校633人)。

 市教委によると「毎年、約300名の不登校生徒が学校に復帰するのだが、新しく不登校をする生徒も毎年300名程度いる」とのこと。ここ数年、市内の不登校生徒数は、ほぼ横ばいとなっている。

 そのため市教委は、とくにいじめや不登校が急増する「中1ギャップ」の解消に取り組むことで、毎年約100名づつ「新規不登校」を予防し、3年後には半減に近づける意向だ。

 

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子が通う学校外の公的な場、半数の自治体は「設置しない」意向

510号 2019/7/15

出席認定は学校ごとにばらつき、フリースクール通学に格差

509号 2019/7/1

教育機会確保法から2年、行政と民間が連携しない理由

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...

511号 2019/8/1

今も母親との関係に悩みを抱える元アナウンサー・小島慶子さん。同様の悩みを持...

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...