不登校新聞

196号(2006.6.15)

かがり火

2018年11月22日 16:45 by shiko



 教育基本法「改正」案は今国会での成立は、どうやら見送りになるようだ。

 この法案は教育基本法の理念を180度変える「逆転」改正案というべきものだ。「人より国が大切」「いのちより健康が大切」というくらいの「逆転」だ。

 逆転の発想もときにおもしろいが、悲惨な戦争の歴史的体験を忘れ、人間を粗末に扱う逆転はごめんだ。逆転法案が先送りになっても、学校教育現場はすでに子どもが学ぶ権利の主体であることを忘れ、「逆転」している。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの自傷行為に悩む親に読んでもらいたい一冊

510号 2019/7/15

学校復帰が前提ではないけれど 不登校の歴史vol.510

510号 2019/7/15

弁護士・津田玄児さんを偲んで

510号 2019/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...