不登校新聞

196号(2006.6.15)

かがり火

2018年11月22日 16:45 by shiko



 教育基本法「改正」案は今国会での成立は、どうやら見送りになるようだ。

 この法案は教育基本法の理念を180度変える「逆転」改正案というべきものだ。「人より国が大切」「いのちより健康が大切」というくらいの「逆転」だ。

 逆転の発想もときにおもしろいが、悲惨な戦争の歴史的体験を忘れ、人間を粗末に扱う逆転はごめんだ。逆転法案が先送りになっても、学校教育現場はすでに子どもが学ぶ権利の主体であることを忘れ、「逆転」している。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

国の通知、どう読むの? 不登校の歴史vol.540

540号 2020/10/15

ひといき

540号 2020/10/15

森の喫茶店 第540号

540号 2020/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。