不登校新聞

196号(2006.6.15)

「なんかいやだなぁ」の正体【子どもの権利条約】

2018年11月27日 17:03 by shiko



 「最近、公園で子どもが遊ぶすがたを見ない。公園があっても使わないなら、新しくつくってもしょうがない」

 「家でゲームばっかりしてるんだよ、きっと」

 ある会議でのおとなたちの会話です。

 一方、公園で遊ぶ子どものすがたがあまり見られないのはなぜか、その疑問から出発して異なる結論に行き着いたのは、2003年度中野ハイティーン会議の高校生世代のメンバーたちでした。

 ハイティーン会議は子どもの意見表明事業として、ハイティーンを対象に毎年度中野区が実施しています。

 区内にはじつに152カ所もの公園があります。しかし、「昼間でも子どものすがたをあまり見かけない」とあるメンバーが言うのです。そして「公園のなかを通ると近道だけど、なんかいやだから通らないようにしている」とも言います。

 「なんかいやだ」というのはどういうことでしょうか。さっそく、29カ所の公園について、遊具の種類や公園のルール、公園内や周囲のようす、トイレなどについてチェックしてみました。

 調査をしてわかったのは、以下のようなことでした。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

協力者会議の最終報告 不登校の歴史vol.508

508号 2019/6/15

暑さ対策に学校は手を打てないものか

508号 2019/6/15

報道される側になって感じたセーフティネット【編集後記】

508号 2019/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...