不登校新聞

196号(2006.6.15)

「なんかいやだなぁ」の正体【子どもの権利条約】

2018年11月27日 17:03 by shiko



 「最近、公園で子どもが遊ぶすがたを見ない。公園があっても使わないなら、新しくつくってもしょうがない」

 「家でゲームばっかりしてるんだよ、きっと」

 ある会議でのおとなたちの会話です。

 一方、公園で遊ぶ子どものすがたがあまり見られないのはなぜか、その疑問から出発して異なる結論に行き着いたのは、2003年度中野ハイティーン会議の高校生世代のメンバーたちでした。

 ハイティーン会議は子どもの意見表明事業として、ハイティーンを対象に毎年度中野区が実施しています。

 区内にはじつに152カ所もの公園があります。しかし、「昼間でも子どものすがたをあまり見かけない」とあるメンバーが言うのです。そして「公園のなかを通ると近道だけど、なんかいやだから通らないようにしている」とも言います。

 「なんかいやだ」というのはどういうことでしょうか。さっそく、29カ所の公園について、遊具の種類や公園のルール、公園内や周囲のようす、トイレなどについてチェックしてみました。

 調査をしてわかったのは、以下のようなことでした。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもをまんなかに(中)

189号(2006.3.1)

「まだ言葉にできない宝物」不登校の子を持つ父親コラム

189号(2006.3.1)

世界王者・秋元正行が語る、ルービックキューブの魅力

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...