不登校新聞

196号(2006.6.15)

「なにをしたいかわからない」ときはどうすれば?

2018年11月22日 17:38 by shiko


 
 人生のなかでは少なからず選択をしなければならない場面に遭遇することがあると思います。そんなとき、自分は何をしたいのか、どうしたいのか、わからなくなる人も多いと思います。生きていくのがむなしいと感じる人もいます。どう捉えればよい方向に向けるでしょうか?(編集部)

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

3学期は子どもがつらい時期、わが子を焦らせないためには

499号 2019/2/1

「過呼吸がコントロールできない」臨床心理士のアドバイス

194号(2006.5.15)

不登校している中学生を持つ方へ 高校進学の選択肢と2つのタブー

494号 2018/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...

499号 2019/2/1

「教育機会確保法」の施行から今月で丸2年。この間の千葉県の動きは活発であり...

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...