不登校新聞

196号(2006.6.15)

ひといき

2018年11月22日 16:41 by shiko



 最近、歯医者に厄介になりっぱなしだ。親知らずが虫歯になって抜かれたことは前に書いたが、今度はもっと悲惨な事態が待ち受けていたのだった。

 ある日の午後、ドジをふんで、事務所の机に顔をぶつけて、内田裕也じゃないけれど、前歯を折ってしまったのである。

 必死で折れた歯の破片を探しだして、急いで歯医者へ行こうとしたのだが、皮肉にもその日は祝日。ほとんどの歯医者は休み。やっているところでも予約がいっぱい。痛くて物が噛めないので夕食は抜き。

 翌日、歯医者へ歯の破片を持って行った。神経は出ていないらしく、接着剤でくっつけてもらった。ここ数年、医学は進歩しているらしく、きれいになったよ。(名古屋支局・多田耕史)

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...