不登校新聞

196号(2006.6.15)

ひといき

2018年11月22日 16:41 by shiko



 最近、歯医者に厄介になりっぱなしだ。親知らずが虫歯になって抜かれたことは前に書いたが、今度はもっと悲惨な事態が待ち受けていたのだった。

 ある日の午後、ドジをふんで、事務所の机に顔をぶつけて、内田裕也じゃないけれど、前歯を折ってしまったのである。

 必死で折れた歯の破片を探しだして、急いで歯医者へ行こうとしたのだが、皮肉にもその日は祝日。ほとんどの歯医者は休み。やっているところでも予約がいっぱい。痛くて物が噛めないので夕食は抜き。

 翌日、歯医者へ歯の破片を持って行った。神経は出ていないらしく、接着剤でくっつけてもらった。ここ数年、医学は進歩しているらしく、きれいになったよ。(名古屋支局・多田耕史)

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの自傷行為に悩む親に読んでもらいたい一冊

510号 2019/7/15

学校復帰が前提ではないけれど 不登校の歴史vol.510

510号 2019/7/15

弁護士・津田玄児さんを偲んで

510号 2019/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...