不登校新聞

196号(2006.6.15)

「毅然とした生徒指導を」国立教育研究所と文科省が提言

2018年11月27日 17:17 by shiko



 国立教育政策研究所生徒指導研究センターと文部科学省は、小中学生への出席停止も「有効的な手段の一つ」などと新たな生活指導の対応を求める内容の報告書を公表した。

 同センターと文科省は、2005年11月から大学教員や弁護士、PTA理事や保護司など15人の委員と審議を進めてきた(主査・明石要一氏)。

 報告書は、生徒指導の基準や校則を明確化し、入学後の早い段階で児童生徒や保護者に周知徹底し、学校では「毅然とした指導をねばり強く行なう」よう提言。

 具体的な指導方法として、小さな問題行動から注意するなど、段階的に罰則を厳しくする「段階的指導」をあげている。

 * * *

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

文科要請「2月中に登校してない子に面会を」、面会相手は先生以外も可

501号 2019/3/1

「先生だってたいへんなんです」精神疾患で休職する教員の実情は

499号 2019/2/1

「小児医療に警鐘」市民の人権擁護の会

195号(2006.6.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...