不登校新聞

497号 2019/1/1

不登校傾向33万人が示すこと

2018年12月23日 14:35 by kito-shin

 日本財団の不登校傾向調査は注目すべき調査だと思う。私たちは昔から、登校はするが、教室に入れない、授業参加はしない、保健室ですごす、放課後ちょっと行くなどの部分登校や、財団調査でいう「仮面登校」があるのは知っていた。

 だから、学校基本調査による小中不登校数の発表があるたびに、実数はその3倍~4倍はいるのでは、と言ってきた。今回、数字によって裏づけされた意味は大きい。中学生の不登校が約10万人に対し、不登校傾向は33万人というから3・3倍いるわけだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「多様な学び」の人材養成 不登校の歴史vol.520

520号 2019/12/15

かがり火

520号 2019/12/15

ひといき

520号 2019/12/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...