不登校新聞

497号 2019/1/1

子どもを取り巻く2018年の教育トピックスは「学びの個別最適化」

2018年12月25日 10:28 by kito-shin



 公教育が始まって、約150年。学校教育はこれまで、ずっと変わらず、基本的に次のようなシステムによって運営されてきました。

 すなわち、「みんなで同じことを、同じペースで、同質性の高い学級のなかで、教科ごとに『出来合いの答え』を、子どもたちにいっせいに勉強させる」というシステムです。

 しかしこのシステムが、今いたるところで限界を迎えています。

 いわゆる「落ちこぼれ・吹きこぼれ問題」(嫌な言葉です)をはじめ、「小1プロブレム」と不適切にも呼ばれているものや(これは本当は学校システムのプロブレムなのです)、いじめ、不登校、今なお絶えない体罰など、さまざまな学校問題の根っこには、このいわゆる画一一斉の学校システムがあるのです。

 このような公教育のシステムを、構造転換する必要がある。私は長らくそう訴えてきましたが、今年6月、文科省と経産省が、相次いで、まさに「公教育の構造転換」を提言する提言書を提出しました。

 「Society5.0に向けた人材育成~社会が変わる、学びが変わるから」(文科省)と、「『未来の教室』とEdTech研究会 第1次提言書」(経産省)です。

文科省と経産省共通のテーマは

 両者に共通している提言は、学びの「個別最適化」です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりをめぐるトピックはなんだったのか【2019年をふり返る】

521号 2020/1/1

子ども若者をめぐる2019年の主な出来事

521号 2020/1/1

不登校をめぐるトピックはなんだったのか【2019年をふり返る】

521号 2020/1/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...