不登校新聞

497号 2019/1/1

「無言で散髪が終了」まさに不登校向けだった散髪屋とは

2018年12月25日 10:31 by kito-shin



 「美容院が苦手」。「話かけられたら、なんて答えればいいかわからない」。これは不登校・ひきこもりの多くに共通する悩みだろう。内田直人さん(仮名)もそんな悩みを抱えるひとりだ。今回、内田さんはその悩みを解決するべく、1000円カットを初体験した。内田さんの体験記を掲載する。

 * * *

 僕は、散髪に対して悩みを抱えている。その悩みができたのは、高1から高3まで、3年間続いたひきこもりが終わってからだ。

 ひきこもっているときは外出をまったくしていなかったため、散髪なんてとても行けず、限界まで髪を伸ばし、ガマンできなくなったら母親に断髪式をお願いしていた。

 ひきこもりからなんとか抜け出して、少し外に出るようになってからは、自宅近くのおしゃれな美容室に行き始めたのだが、いつも行くのがつらかった。

 美容室での会話がダメなのだ。僕はコミュニケーション力がまったくない。

 これまでひきこもっていたため、よく聞かれる「最近、何してた?」「どこか行った?」などの質問にいつも言葉が詰まってしまうのだ。

 うそをつくこともできないし、黙りこんでその場をやりすごすこともできない。どうしたもんだろうかと、ずっと悩んでいたのだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめられていた私にとって「逃げていい」が嬉しくない理由

510号 2019/7/15

不登校の子どもにも権利がある、10年間訴え続けた私が思うこと

510号 2019/7/15

不登校によって消えていった、私の「ごた」を取り戻すまで

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...