不登校新聞

502号 2019/3/15

8年間不登校だった私が、学校へ行かずに学んだこと

2019年03月14日 10:27 by motegiryoga

 私は小学低学年で学校に行かなくなった。勉強はほとんどせず、8年間不登校時代をすごした。だからといって、何も学んでいないわけではない。

 あれは15歳のころ、不登校界隈のイベントで鍋会に参加したときのことだ。みんなで鍋の準備の役割分担を決めて、私を含む数人は具材を切る係になった。

 当時ほぼ料理をしたことがなかった私は、他人といっしょに料理することに緊張していた。技術もないし正解がわからないまま料理をすることがとても不安だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校だからうまくいかない」私の意識が変わったきっかけは

540号 2020/10/15

「あなたは不登校を克服しましたか」不登校経験者36名の回答

540号 2020/10/15

日章学園九州国際高等学校の卒業生に聞く【記事広告】

540号 2020/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。