不登校新聞

502号 2019/3/15

8年間不登校だった私が、学校へ行かずに学んだこと

2019年03月14日 10:27 by motegiryoga

 私は小学低学年で学校に行かなくなった。勉強はほとんどせず、8年間不登校時代をすごした。だからといって、何も学んでいないわけではない。

 あれは15歳のころ、不登校界隈のイベントで鍋会に参加したときのことだ。みんなで鍋の準備の役割分担を決めて、私を含む数人は具材を切る係になった。

 当時ほぼ料理をしたことがなかった私は、他人といっしょに料理することに緊張していた。技術もないし正解がわからないまま料理をすることがとても不安だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あなたのためを思って」その言葉、本当は誰のため?

502号 2019/3/15

不登校はしませんでしたが就活で挫折 大卒後6年ひきこもった私の今

501号 2019/3/1

不登校になった自分の過去、20代になって整理できるように

500号 2019/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...

499号 2019/2/1

「教育機会確保法」の施行から今月で丸2年。この間の千葉県の動きは活発であり...