不登校新聞

502号 2019/3/15

8年間不登校だった私が、学校へ行かずに学んだこと

2019年03月14日 10:27 by motegiryoga

 私は小学低学年で学校に行かなくなった。勉強はほとんどせず、8年間不登校時代をすごした。だからといって、何も学んでいないわけではない。

 あれは15歳のころ、不登校界隈のイベントで鍋会に参加したときのことだ。みんなで鍋の準備の役割分担を決めて、私を含む数人は具材を切る係になった。

 当時ほぼ料理をしたことがなかった私は、他人といっしょに料理することに緊張していた。技術もないし正解がわからないまま料理をすることがとても不安だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校で習う女の子とはちがう。私が感じていた気恥ずかしさの正体

553号 2021/5/1

【世界一受けたい授業出演特集】不登校から東大、リクルートへ ありがたかった母の対応

552号 2021/4/15

小6の私の心に突き刺さったのは、担任からの思いがけない言葉

552号 2021/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...