不登校新聞

502号 2019/3/15

8年間不登校だった私が、学校へ行かずに学んだこと

2019年03月14日 10:27 by motegiryoga

 私は小学低学年で学校に行かなくなった。勉強はほとんどせず、8年間不登校時代をすごした。だからといって、何も学んでいないわけではない。

 あれは15歳のころ、不登校界隈のイベントで鍋会に参加したときのことだ。みんなで鍋の準備の役割分担を決めて、私を含む数人は具材を切る係になった。

 当時ほぼ料理をしたことがなかった私は、他人といっしょに料理することに緊張していた。技術もないし正解がわからないまま料理をすることがとても不安だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

苦しさの根本は親の過干渉 親への「NO」が生きやすさへの一歩だった

514号 2019/9/15

大人になってからわかった「不登校もムダじゃない」

514号 2019/9/15

学校へ行かなかった私から学校に行きたくないあなたへ【9月1日メッセージ】

513号 2019/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...

513号 2019/9/1

不登校経験者10名でタレント・歌手の中川翔子さんにインタビューを行なった。...

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...