不登校新聞

502号 2019/3/15

8年間不登校だった私が、学校へ行かずに学んだこと

2019年03月14日 10:27 by motegiryoga

 私は小学低学年で学校に行かなくなった。勉強はほとんどせず、8年間不登校時代をすごした。だからといって、何も学んでいないわけではない。

 あれは15歳のころ、不登校界隈のイベントで鍋会に参加したときのことだ。みんなで鍋の準備の役割分担を決めて、私を含む数人は具材を切る係になった。

 当時ほぼ料理をしたことがなかった私は、他人といっしょに料理することに緊張していた。技術もないし正解がわからないまま料理をすることがとても不安だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校した本人たちが挙げた4つのイヤだったこと

506号 2019/5/15

「本人の努力次第ではない」発達障害で50年、生きてきた私の半生

506号 2019/5/15

「ともに苦しんでくれた」それが不登校の私に最も必要だった

505号 2019/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...