不登校新聞

502号 2019/3/15

「あなたのためを思って」その言葉、本当は誰のため?

2019年03月14日 10:30 by motegiryoga

 「あなたのためを思って――」。親が子どもによく言うセリフだ。家庭教師などの経験からこの言葉に疑問を持った「よしだ」さんに、自身の考えを書いていただいた。

* * *

 私は両親との関係が悪く、10代のころからずっと家に自分の居場所がなかった。親にたくさんの疑問を抱えながらなんとか学校を卒業した私は、その後、塾講師や家庭教師を10年以上続けてきた。 

 そうした経験のなかで私は、勉強をしない子どもに対して親が「勉強しなさい」と叱る現場をたくさん見てきた。親の言い分は決まってこうだ。

 「困るのはお母さん(お父さん)ではなくて、あなたなのよ。あなたのためを思って言っているのよ」。

 しかし、それを言われて納得した子どもを今まで見たことがない。「あなたのためを思って」というセリフ、それは本当に「あなたのため」に言っているだろうか? 私はそんな疑問を持つようになった。

 私が見てきた多くの親は「勉強をしないとよい高校に行けない」、「よい高校へ行けないとよい大学、もしくはよい就職先に入れない」。「よい就職先に入れないと子どもが幸せになれない」と思っている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校した本人たちが挙げた4つのイヤだったこと

506号 2019/5/15

「本人の努力次第ではない」発達障害で50年、生きてきた私の半生

506号 2019/5/15

「ともに苦しんでくれた」それが不登校の私に最も必要だった

505号 2019/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...