不登校新聞

502号 2019/3/15

「あなたのためを思って」その言葉、本当は誰のため?

2019年03月14日 10:30 by motegiryoga

 「あなたのためを思って――」。親が子どもによく言うセリフだ。家庭教師などの経験からこの言葉に疑問を持った「よしだ」さんに、自身の考えを書いていただいた。

* * *

 私は両親との関係が悪く、10代のころからずっと家に自分の居場所がなかった。親にたくさんの疑問を抱えながらなんとか学校を卒業した私は、その後、塾講師や家庭教師を10年以上続けてきた。 

 そうした経験のなかで私は、勉強をしない子どもに対して親が「勉強しなさい」と叱る現場をたくさん見てきた。親の言い分は決まってこうだ。

 「困るのはお母さん(お父さん)ではなくて、あなたなのよ。あなたのためを思って言っているのよ」。

 しかし、それを言われて納得した子どもを今まで見たことがない。「あなたのためを思って」というセリフ、それは本当に「あなたのため」に言っているだろうか? 私はそんな疑問を持つようになった。

 私が見てきた多くの親は「勉強をしないとよい高校に行けない」、「よい高校へ行けないとよい大学、もしくはよい就職先に入れない」。「よい就職先に入れないと子どもが幸せになれない」と思っている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめられていた私にとって「逃げていい」が嬉しくない理由

510号 2019/7/15

不登校の子どもにも権利がある、10年間訴え続けた私が思うこと

510号 2019/7/15

不登校によって消えていった、私の「ごた」を取り戻すまで

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...