不登校新聞

513号 2019/9/1

川﨑・練馬の事件から3カ月。事件の本質は、ひきこもりではなく「孤立」

2019年09月02日 13:01 by koguma

 今回は、一般社団法人「ひきこもりUX会議」の代表理事・林恭子さんにお話をうかがった。今年5月、神奈川県川崎市で、児童ら20人が殺傷される事件が起きた。「容疑者はひきこもり傾向」との第一報を皮切りに、メディアでは「ひきこもり」に関する報道が連日続いた。自身、ひきこもり経験者として、この問題の先頭に立ち、メディア取材などを多数受けてきた林さんに、この3カ月間の動きをふり返っていただいた。

* * *

――まずは5月28日に神奈川県川崎市で起きた事件からふり返ります。報道を受け、林さんはどんなことを感じましたか?

 私が注目したのは、事件当日に川崎市が開いた記者会見です。容疑者とされる人物について、市の担当者は「ひきこもり傾向にあった」とコメントしました。

 それは直後に放送されたNHKのニュースでも取り上げられ、「容疑者はひきこもり傾向」と報道されました。自宅でテレビを観ながら思いました。このままではまずいなって。

――まずいというのは?

 2000年に佐賀で起きた「西鉄バスジャック事件」、同年に新潟で起きた「少女監禁事件」が頭をよぎったからです。

 「西鉄バスジャック事件」の容疑者は不登校だったことも注目されましたが、どちらの事件も「容疑者はひきこもりだった」という報道が連日続いたことで、「ひきこもり」という言葉は一気に知れ渡ることになりました。

 同時に、「容疑者」と「ひきこもり」がいっしょくたにされたことで、「怖い」「得体がしれない」といった負のイメージもセットになって広がってしまったんです。

 そして今回、川崎市で園児ら19人を殺傷する事件が起きた。「容疑者はひきこもり傾向にあった」という報道が独り歩きすることにより、「2000年のときと同じことがまた起きてしまうのではないか」という危機感を持ちました。

 「そうならないために」ということのひとつの答えが声明文だったんです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『ツレがうつになりまして』の作者が苦しんだ自分への否定感

532号 2020/6/15

子どもと学校に尽くしてこそ「母親」というイメージがつらい

530号 2020/5/15

「学校へ行きたくないときは僕にも」坂上忍が不登校の子に語った本音

527号 2020/4/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...