不登校新聞

516号 2019/10/15

学校へ派遣される弁護士「スクールロイヤー」へ期待できること

2019年10月14日 11:55 by kito-shin

 文科省が全国約300人の弁護士資格をもつ「スクールロイヤー」を配置する方針を出したことが公表された。教育事務所などに弁護士を配置し、市町村教育委員会から学校現場でのいじめや虐待、不登校、保護者とのトラブルなどへの対応に関して相談を受けるという。

 アメリカではすでに学校の組織内の弁護士としてschool lawyerが多く存在している。

 その役割は、学校教育現場で起こる問題に関して、教育委員会、校長などの相談を受けて法的専門知識に基づいた助言や問題の解決に関わり、学校側が裁判に訴えられることを予防することなどとされる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

令和版人生ゲームにはユーチューバ―も登場。「東京おもちゃショー」に行ってきました

517号 2019/11/1

小中学生不登校13万人時代 不登校の歴史vol.517

517号 2019/11/1

増加する子どもたちの自殺、何が私たちにできるのか

517号 2019/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...