不登校新聞

516号 2019/10/15

多様な学びとは何か 全国のフリースクール関係者が議論

2019年10月15日 15:24 by koguma


学びの多様性や「教育機会確保法」について語る寺田学衆議院議員

 2019年9月28日から9月29日にかけ、「日本フリースクール大会」が開催された。12回目となる今回は、フリースクール関係者や大学教員など、70名が参加した。

 初日は「普通教育機会確保法の成立と今」と題した対談に寺田学衆議院議員が登壇。「超党派フリースクール等議員連盟」の事務局長を務めており、「教育機会確保法」の成立に関し、中心的役割をはたしてきた。

 寺田氏は教育の現状に対し、「子どもの数だけ教育の数はあってよいはずなのに、ひとつの学校に対する順応性だけを問うのはいかがなものか」と指摘しつつ、「来年が山場だ」と語る。

 「東京オリンピックなど海外の文化と交流する機会が増えることで、学びの多様性について、社会で広く議論するきっかけになるのではないか」という。

 議連の今後の活動についても「教育の選択肢をどうやって広げていくかを考えていく」との見通しを語った。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...