不登校新聞

516号 2019/10/15

検討会議が込めた願い 不登校の歴史vol.516

2019年10月14日 12:07 by kito-shin

 2017年2月、約2年に渡り開催されてきた文科省「フリースクール等検討会議」も最終報告を取りまとめ、会議を終了した。

 この会議は、①フリースクール等での学習に関する制度上の位置づけ、②子どもたちへの学習支援のあり方、③経済支援のあり方と、大きく3つあった課題のうち、②を中心にやってきた。

 しかし、①の制度上の位置づけと、③の経済的支援について、第5章「今後の検討課題」として取り組む必要を指摘した。

 また「おわりに」には、検討会議として、はたしきれなかった思いがにじみ出るような、いくつかの文がしたためられている。

 ▽不登校支援のあり方は、社会全体の変化に応じて不断の見直しが不可欠で、実態から言うと、じゅうぶんな環境や仕組みが整っているとは言い難い

 ▽法の基本的な指針を定める際、本報告の内容を踏まえるよう求めたい

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

馳議員の国会質問 不登校の歴史vol.533

533号 2020/7/1

かがり火

533号 2020/7/1

ひといき

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...