不登校新聞

517号 2019/11/1

「イヤなことからは逃げてきました」絵本作家が見つけた生き方の極意

2019年11月01日 12:04 by kito-shin

 不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。取材では不登校経験者らとともに、絵本作家になるまでの背景や作品に込めた思いをうかがった。

* * *

――絵本作家として活躍されていますが、イラストがご専門だったそうですね。

 僕は絵本作家になれると思ったことがないし、なりたいと思ったこともないんです。

 イラストレーターになったいきさつとしては、僕が大学を出たあと、社会人になるのがすごくいやだったんです。

 それでも就職はしましたが、毎日上司の悪口にいろいろなイラストを描き添えて、ストレスを発散させていました。すぐ後ろを同僚が通るので、見つからないように片手で隠しながら(笑)。

 だけどあるとき、経理の女性にイラストが見つかってしまったんです。そうしたら信じられないことに、「絵がカワイイ」と褒めてもらえました。

 それまで絵を人に見せたことがなかったから驚きました。僕は人から怒られるのは大嫌いですが、褒めてもらえるのは大好き(笑)。

 絵を認めてもらえたことがうれしくて、勢いで今までに描いていたイラストをまとめて、同人誌をつくりました。

 300部くらい刷りましたが、当然ながら無名の僕の本は全然売れません。大量の本を自宅に置きっぱなしにしているのもジャマだったので、あまっていた本はどんどん人に配っていました。

 そうしたらたまたま出版社の人の手に本がわたり、それが縁で30歳のときにイラスト集を出させてもらいました。

 その後、本を見た方からイラストの依頼をぽつぽつといただけるようになり、結果としてイラストレーターになったんです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

人と比べられる世の中。子どもたちに必要なのは「人と比べない自信」

570号 2022/1/15

子どもにとって「よい甘えさせ方」と叱り方のポイント

569号 2022/1/1

SNS相談窓口の代表に聞いた「不登校向け相談マニュアル」

567号 2021/12/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...