不登校新聞

517号 2019/11/1

同伴登園だった息子が『ママ離れミッション』でとった行動は

2019年11月01日 12:12 by kito-shin

連載「わが家が目指したのはHSCの安心基地」vol.8

 5月の3週目、同伴登園を続けていましたが、いよいよ『ママ離れミッション』をスタートしました。

 方法は、たけると話し合って決めました。

 しばらくは「着替えて園庭で水やりをするまでは、いつもどおり園内でママ待機」「たけるの心の準備が整ったら、たけるから『ママもういいよ』を申し出る」

「園舎そばに停めた車の中で待つ」「サポートが必要なときだけ呼んでもらう」と、スモールステップで慣らし、数日で「ママは最初から駐車場での待機」へ移行。

 翌日も、翌々日も、それで大丈夫でした! それ以上にたけるは「ママがいるときより楽しいよ!」と興奮気味に報告しにきます。

 ママがいなくても大丈夫な自分を誇りに思い、自信がついたようすでした。

 5月26日、本格的なママ離れの日です。たけるを幼稚園に送り届けた私は、もう園内には入りません。

 たけるとの約束で、玄関あたりにいて「帰っていいよ」と言われるのを待ちます。

 作業が終わり、子どもたちがブランコで遊び始めたころ

 「もういいよ!」とたける。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

集団に入ると体が動かない園児の息子。その理由がやっとわかりました

516号 2019/10/15

入園後の慣らし保育、変化していった息子のようす

515号 2019/10/1

【再掲】校舎を見て突然、不安がるHSCの息子。母にできたことは

515号 2019/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...