不登校新聞

372号 (2013.10.15)

声「どうしたら世間の眼が」

2013年10月11日 16:15 by kito-shin


 私は不登校をして、その後、大学でひきこもりの研究をしている。先日、「厚労省がひきこもりサポーター派遣」という新聞記事を見つけ、「当事者よりも親の支援が先、当事者は親に傷つけられている」とつぶやいたら、すごい量の反響があった。世の中にはひきこもりじゃなくても、親に対して言いたいことをいっぱい抱えている人がたくさんいるんだなあ、と感じた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

大量の課題、突然始まったいじめ。今だから話せる一斉休校の影響

558号 2021/7/15

こぼれた「明日、学校へ行きたくない」の言葉。14歳の心の底とは

558号 2021/7/15

親の対応で救われたこと、傷ついたこと。現役大学生が語る不登校

556号 2021/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

558号 2021/7/15

コロナ禍で不登校が増えていると言われています。1年以上に及ぶ子どもたちはコ...

557号 2021/7/1

俳優やモデルとして活躍するゆうたろうさん。不登校だった際に苦しかったことや...

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...