不登校新聞

540号 2020/10/15

ひといき

2020年10月13日 11:40 by kito-shin



 「不登校」って、とても便利な言葉だと思います。「学校へ行っていない」という状態像をもって、子どもをひとくくりにできてしまうからです。

 でも、よく考えると、非常に不便な言葉でもあると思います。私が「不登校」について誰かと話すとき、私のなかに思い浮かんでいる「不登校」と相手のそれとが必ずしも一致しているとはかぎりません。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

法ができてからの変化 不登校の歴史vol.541

541号 2020/11/1

ひといき

541号 2020/11/1

森の喫茶店 第541号

541号 2020/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

541号 2020/11/1

中学1年生から不登校だった女性(24歳)に取材。声優を夢見て進学したものの...

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。