不登校新聞

540号 2020/10/15

私たちは自分の欲求や感覚にしたがっていない説【仮説なんですが】

2020年10月29日 09:45 by kito-shin


小倉哲さん

連載「仮説なんですが…」vol.37

 最近、ネットで買い物をする機会が増えました。ポチポチと買い物をしていると、たくさんの広告が出てきます。

 そして気づいたら広告に誘われるまま、買う気もないのに別のショッピングアプリを開き、興味のなかったはずの商品をついつい見入ったりしてしまいます。

 でもあるとき、「自分のほしいものはなんだったんだろうか?いや、そもそもほしいと思ったんだろうか?」。

 そう思ったことがありました。自分で選んでいるようで何かに決められている? 自分の意思ってなんなんだ? と。

 ところで、今ぼくは子どもの保育や遊びにたずさわっていますが、これから大切なのは「非認知能力だ」なんて言われています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校」ではなく「不来校」を問題にすべき説

546号 2021/1/15

「葛藤が生まれたとき、その答えも生まれている」説

545号 2021/1/1

教育学者・内田良が「校則はもっとゆるくていい」と考える理由

544号 2020/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...

544号 2020/12/15

いまの子どもの自信を奪っているものはなにか。これが私のライフテーマでした。...