不登校新聞

551号 2021/4/1

フリースクール代表が仮説を提言「実は不登校は増えていない」説

2021年03月31日 17:47 by motegiryoga

連載「仮説なんですが…」vol.48

 「じつは、不登校数は増加していないのではないか」。調査結果では、たしかに毎年不登校数は増加しています。しかし、その実情はちがうのではないか、というのが私の仮説です。

 そう考える理由がふたつあります。ひとつ目は、長期欠席の項目が不分明であること。ふたつ目は、「不登校」という文科省定義自体の不十分さ、です。

 まず、長期欠席の項目についてです。30日以上学校を休むことを「長期欠席」といい、その理由として「病気」「経済的理由」「不登校」「その他」の4つの項目から、学校はひとつを選択して回答することになります。

 そうなると、複合的なケースはどうなるのでしょうか。2017年までの調査では「欠席理由が二つ以上あり、主たる理由が特定できない者」は「その他」に該当し、「不登校の要因を含んでいる者」の人数が出ていました。翌年にはその文言が消え、「その他」の人数が2000人ほど減ったのです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校は無理に行くところじゃない」と現役教員が思う理由

552号 2021/4/15

なぜ現在の支援は不十分なのか、ひきこもり経験者が考えてみた

550号 2021/3/15

「不登校の理解が広がると同時に分断も深まる」説

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...