不登校新聞

566号 2021/11/15

「死にたい」と悩む子どもへの声がけは3つの手順を

2021年11月12日 11:14 by kito-shin

 不登校やひきこもりの人はときに「死にたい」という言葉で自身の苦しさを表現する場合があります。言葉としてはかなり強烈で、親にとってはひどく動揺したり、受けとめられないと感じる方もいると思います。

 私自身のことで次のような話を母から聞いたことがあります。不登校していたころ、電車の脱線事故で多くの方が亡くなるというニュースを見て、私は母に「事故で亡くなった人と代わりたい」という話をしたそうです。

思い返せば不登校期間中、自分の死について考えることはよくありました。自分1人しか家にいないときに「この家だけにミサイルが落ちてこないかな」と考えたり、図書館で自殺や死に関する本を借りてきたりした記憶があります(気持ち悪くなって読めなかった)。死にたいと考えたときによく思っていたのが、意味のある死でありたいということでした。ただ死ぬのではなく、私の命とひきかえに誰かの命が助かるのなら、と考えていたのです。

 今、不登校やひきこもりの人たちと関わりながら感じるのは、「死にたい」という言葉はたしかに強烈だけど、その思いを言えるという状況はネガティブなものではないということです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

甘やかすか厳しくするか。迷ったらコレをしてください

565号 2021/11/1

社会復帰の一歩としてアルバイトへ。その発想が罠になりやすい理由

564号 2021/10/15

ゲームやスマホを没収すべきか? それ、子どもをより追いつめます。

563号 2021/10/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

565号 2021/11/1

衆議院議員総選挙をまぢかに控え、本紙では不登校や子ども関連の施策を主要政党...

564号 2021/10/15

不登校になったら勉強はどうするのか。学校との付き合い方はどうするのか。周囲...

563号 2021/10/1

理由も言わずに「学校へ行きたくない」と伝えた小学校4年生当時。中学校1年生...