不登校新聞

575号 2022/4/1

帰省した息子が動き出さない。焦る母が取った行動は「弟子入り」

2022年03月29日 15:37 by motegiryoga

 バイトをすると言ってもしない、自動車免許を取ると言っても続かない。そんな不登校経験者の息子。母親の後藤誠子さんはどうしたものかと悩んでいました。しかし、あるきっかけから、息子さんの本音を知ることになります。長続きしないことについて、一番強く罪悪感を感じていたのは、ほかならぬ息子さん自身だったのです(連載「不登校は幸せへの道」第14回)。※写真は後藤誠子さん

* * *

 「もうすこしだけ東京にいさせてほしい」という次男の望みのため、学費と生活費を払い続け約1年。結局、次男は東京でほとんど部屋にひきこもっていた。3月、次男を岩手に連れて帰ってきた。そのときの次男は、以前に東京で会ったときよりもずっと元気そうに見えた。「まずバイトをするよ。その前に自動車の免許取らないと」。自分からそう言ってきて、実際に自動車学校入学の手続きもした。私が仕事から帰ると夕飯の準備をしてくれていたこともあった。今度こそやる気なんだ。きっと大丈夫。

 ところが、自動車学校へ行く気配がまったくない。バイトも探さない。「バイトを探したら」と私が言うと、「自動車の免許を取ってから」とボソッと言うのみ。なんだかおかしい。私はまた焦り始める。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の息子の気持ちが初めてわかった日

581号 2022/7/1

「今頃わかったの?」息子の信頼を再び失ってしまった私の失敗

580号 2022/6/15

ボランティアを半年続けられた息子に起きたまさかの出来事

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...