不登校新聞

582号 2022/7/15

知人からのアルバイト依頼 ひきこもる息子が出した意外な答え

2022年07月13日 12:51 by kito-shin
2022年07月13日 12:51 by kito-shin

 ひきこもりの息子に「うちで働かない?」と、願ってもない話が来た。母親の後藤誠子さんは、ドキドキしながら息子さんの返事を待ちます。これまでバイトをすすめても耳も貸さなかった息子さん。はたして息子さんが出した答えは。(連載「不登校は幸せへの道」第21回)※写真は後藤誠子さん

* * *

 私が次男から「もう1回だけがんばってみたら」と言われた職場で、ある出会いがあった。がんばってはみたけれど、やはり無理ということで退職届を出そうとしていたころだ。

 職場の休憩室で初めて会ったFさんに、私はお弁当を食べながら次男がひきこもり状態であることを話してみた。どんなリアクションがくるかなと思っていたが、Fさんは「うちの工場で働いてみない?」。なんのこだわりもなく、さらりと言った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

バイトに10分遅刻して給料から天引きされたのに親子で感謝したわけ

583号 2022/8/1

不登校の息子の気持ちが初めてわかった日

581号 2022/7/1

「今頃わかったの?」息子の信頼を再び失ってしまった私の失敗

580号 2022/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。小学…

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生活の…