不登校新聞

582号 2022/7/15

知人からのアルバイト依頼 ひきこもる息子が出した意外な答え

2022年07月13日 12:51 by kito-shin
2022年07月13日 12:51 by kito-shin

 ひきこもりの息子に「うちで働かない?」と、願ってもない話が来た。母親の後藤誠子さんは、ドキドキしながら息子さんの返事を待ちます。これまでバイトをすすめても耳も貸さなかった息子さん。はたして息子さんが出した答えは。(連載「不登校は幸せへの道」第21回)※写真は後藤誠子さん

* * *

 私が次男から「もう1回だけがんばってみたら」と言われた職場で、ある出会いがあった。がんばってはみたけれど、やはり無理ということで退職届を出そうとしていたころだ。

 職場の休憩室で初めて会ったFさんに、私はお弁当を食べながら次男がひきこもり状態であることを話してみた。どんなリアクションがくるかなと思っていたが、Fさんは「うちの工場で働いてみない?」。なんのこだわりもなく、さらりと言った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもりを経て28歳になった息子 母を驚かせたある行動

591号 2022/12/1

「身内だからこそ許せない」 最悪の兄弟関係に終止符を打った兄の一言

590号 2022/11/15

やっと見つけた、ひきこもりの息子にしかできないこと

589号 2022/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…