不登校新聞

584号 2022/8/15

「無理して学校へ行かなくていいよ」母の言葉に小3の私が反発した理由

2022年08月09日 15:45 by kito-shin
2022年08月09日 15:45 by kito-shin

 うちの家族はおかしい。小学3年生で不登校したゆうごさんは「無理して学校へ行かなくてよい」という母の一言に救われた一方で、そんな疑問を抱いたと言います。当事者として教育支援センターへ通い、大学生時代にはメンタルフレンドとして教育支援センターに関わった経験を持つゆうごさんに、自身が感じた教育支援センターの変化についてお聞きしました(※写真はゆうごさん)。

* * *

――不登校になったいきさつからお聞かせください。

 私が不登校をしたのは、小学3年生のときです。きっかけは担任で、しょっちゅう大声で怒鳴る先生でした。忘れ物を1つでもしようものなら、みんなの前でこっぴどく怒られます。実際、私が忘れ物をしたときも大声で叱責されて、「明日、忘れ物をしたらどうしよう」という恐怖心がどんどん大きくなっていきました。怒られたくない一心で、時間割を見ながらランドセルに教科書を積めてはひっくり返してまた積めなおす、ということを母とともに何度もくり返すようになっていました。

 不登校した日のことは今でもよくおぼえています。登校する道すがら、涙が止まらなくなり、家に折り返したんです。そのとき、小学1年生の下級生とすれちがったんですけど、その光景が鮮明に記憶に残っています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あいつと関わるな」 僕の一言で友だちの態度が一変 中2で不登校した帰国子女の体験談

595号 2023/2/1

「この人に会えたら変われる気がした」7年ひきこもりした男性が憧れの人に出会うまで

595号 2023/2/1

優等生の僕に起きた異変 突然の体の不調は「もう限界」のサイン

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…