不登校新聞

605号 2023/7/1

「恥をかくのが怖かった」中高で不登校した私がつらかったお弁当と体育の時間

2023年06月28日 15:57 by kito-shin
2023年06月28日 15:57 by kito-shin

 学校のいろいろな時間のなかでも、とくに最悪だったのが「お弁当」と「体育」だった――。現在29歳になる「秋田犬大好き」さんはそう語ります。お弁当と体育の何がつらかったのか。不登校経験者のリアルな声をお伝えします。

* * *

 私は中学1年から学校がつらくなり、ついに中3と高校で不登校になりました。学生時代に「つらかった・苦しかった思い出」は、多くあります。そのなかでも、とくにつらくて苦しかった時間が2つありました。それはお弁当を食べる時間と体育の時間です。

 昼食の時間というのは、ふつうなら授業も一段落しホッとして、「やったー!」と思うかもしれません。ところが、私にとってはまったくちがいました。

最悪のルール

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「死のうとしたけど生きたかった」いじめにより不登校した女性が語る「生きることの意味」

626号 2024/5/15

「不登校から文科省職員に」異色の経歴を持つ藤井健人さんが目指すのは「不登校という格差」の是正

626号 2024/5/15

「親子関係は?元気になったきっかけは?」3人の経験者が語る私の不登校とその後

625号 2024/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…