不登校新聞

376号 (2013.12.15)

子ども若者編集部コラム

2013年12月13日 16:09 by kito-shin
2013年12月13日 16:09 by kito-shin


 私はいま、ベートーヴェンの第九を練習をしています。毎年恒例の、年末に行なわれる音楽イベントなんです。練習はハードですが、それだけ、やりがいもあります。

 正直に言うと、ほかの合唱の第九は聴いたことがありません。興味があるのですが自分と比較してしまう、という困ったクセが出てしまいます。ヒマを見つけては、第九のほかに発表する曲を聴いています。今年の第九は去年よりレベルが上がっていて、表現も高まっています。曲は、ワーグナーの「婚礼の合唱」、ヴェルディーの「乾杯の歌」です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学は生徒会長、高校は不登校 苦しさの根底にあった父親の呪縛

591号 2022/12/1

不登校で不安障害だったサッカー選手が不登校の子に伝えたいこと

591号 2022/12/1

【全文公開】小中高すべてで不登校した私が高認に合格するまでの10年間

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…