私はいま、ベートーヴェンの第九を練習をしています。毎年恒例の、年末に行なわれる音楽イベントなんです。練習はハードですが、それだけ、やりがいもあります。

 正直に言うと、ほかの合唱の第九は聴いたことがありません。興味があるのですが自分と比較してしまう、という困ったクセが出てしまいます。ヒマを見つけては、第九のほかに発表する曲を聴いています。今年の第九は去年よりレベルが上がっていて、表現も高まっています。曲は、ワーグナーの「婚礼の合唱」、ヴェルディーの「乾杯の歌」です。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。