不登校新聞

376号 (2013.12.15)

子ども若者編集部コラム

2013年12月13日 16:09 by kito-shin


 私はいま、ベートーヴェンの第九を練習をしています。毎年恒例の、年末に行なわれる音楽イベントなんです。練習はハードですが、それだけ、やりがいもあります。

 正直に言うと、ほかの合唱の第九は聴いたことがありません。興味があるのですが自分と比較してしまう、という困ったクセが出てしまいます。ヒマを見つけては、第九のほかに発表する曲を聴いています。今年の第九は去年よりレベルが上がっていて、表現も高まっています。曲は、ワーグナーの「婚礼の合唱」、ヴェルディーの「乾杯の歌」です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校ってそんなに大事?」30代女性が語る不登校予備軍生活

486号 2018/7/15

空気を読んでハジけるなんて難しすぎる「不登校からのカラオケ克服計画」

486号 2018/7/15

【不登校とカラオケ事情】歌が上手でもオンチでも苦手傾向の理由

486号 2018/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...