連載「孫の不登校」


 「孫の不登校」を読ませていただいています。当方、中1の孫娘がいます。

 みなまさまのお孫さんは不登校になられて困ったり、悩んだりされておられます。その心配はとてもわかります。

 でも、うらやましいなと思うのは学校へ行かないことがわかって、それに悩んでおられることです。うちは行っているのか、行ってないのかすらわからないのです。それはそれで苦しいです。

 孫は歩いて15分、よくスープの冷めない距離でいいわね、という近さに息子夫婦と住んでいます。小学生のころはとてもよく来ていましたが、いまはまったく来ません。それもなんだかおかしいのです。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。