不登校新聞

376号 (2013.12.15)

第26回 状況を教えてもらえない

2013年12月25日 11:06 by kito-shin


連載「孫の不登校」


 「孫の不登校」を読ませていただいています。当方、中1の孫娘がいます。

 みなまさまのお孫さんは不登校になられて困ったり、悩んだりされておられます。その心配はとてもわかります。

 でも、うらやましいなと思うのは学校へ行かないことがわかって、それに悩んでおられることです。うちは行っているのか、行ってないのかすらわからないのです。それはそれで苦しいです。

 孫は歩いて15分、よくスープの冷めない距離でいいわね、という近さに息子夫婦と住んでいます。小学生のころはとてもよく来ていましたが、いまはまったく来ません。それもなんだかおかしいのです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...