不登校新聞

261号(2009.3.1)

書評「迷子の時代を生き抜くために」

2014年04月17日 12:43 by nakajima_


 「いい学校に入り、いい会社に入りさえすれば安心だ」……、その神話は完全に崩壊した。崩壊したにもかかわらず、大学進学率は毎年のように増加し、この少子化のなか大学院の生徒数は29年連続で過去最高を記録(07年度統計)。超高学歴化はますます進んでいる。超高学歴化が進んでいる正体は「不安」だ。たしかに学歴は信じられないが、ほかに信じられるものもない。ましてや学校にさえ行かなかったらもっと不安。理想は、なるべく高い学歴と、なるべく多くの資格と、なるべく特色豊かな個性。自分を「商品」として、かぎりなく開発しなくてはならない。「不安」はそれを内発的に要求する。しかし、気がついたら、正体が見えない「生きづらさ」を誰もが感じている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...