不登校新聞

258号(2009.1.15)

書評「暴走する資本主義」

2014年04月24日 15:55 by nakajima_

著・ロバート・B・ライシュ/東洋経済新報社

 アメリカの経済と政治の話で、しかも「資本主義」なんてタイトルが付いていた日にゃ堅苦しくて見向きもしないという方が多いかもしれません。ですが!少しがんばって手に取ってもらいたい。誰もが不安を感じるいまの世界の成り立ち、そしてその問題点が見えてきます。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...