不登校新聞

258号(2009.1.15)

書評「三四郎」

2014年04月24日 16:07 by nakajima_

著・夏目漱石/新潮文庫

 「恋」の話である。九州の田舎から、大学へ行くために東京に来ることになった主人公、三四郎は、日露戦争に勝って勢いに乗る東京の真新しさ、せわしなさに戸惑いを覚える。その戸惑いは、東京で出会うさまざまな人間に対しても同様だ。とくに「女」である。最初から最後までいろいろな女が登場するが、この小説に出てくる「女」がことごとく三四郎には理解できない。田舎から出てきた三四郎には東京の「女」がわからない。そんななかで三四郎は、美禰子という女に恋をする。女たちの中でも最もわからない。かつもっともわかりたい、それが美禰子であり、その感情が恋だ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...