不登校新聞

258号(2009.1.15)

書評「三四郎」

2014年04月24日 16:07 by nakajima_

著・夏目漱石/新潮文庫

 「恋」の話である。九州の田舎から、大学へ行くために東京に来ることになった主人公、三四郎は、日露戦争に勝って勢いに乗る東京の真新しさ、せわしなさに戸惑いを覚える。その戸惑いは、東京で出会うさまざまな人間に対しても同様だ。とくに「女」である。最初から最後までいろいろな女が登場するが、この小説に出てくる「女」がことごとく三四郎には理解できない。田舎から出てきた三四郎には東京の「女」がわからない。そんななかで三四郎は、美禰子という女に恋をする。女たちの中でも最もわからない。かつもっともわかりたい、それが美禰子であり、その感情が恋だ。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...