不登校新聞

258号(2009.1.15)

声 子どもの「同意」

2014年04月24日 15:31 by nakajima_

 ひきこもりの子どもを持つ親と話しました。その親はひきこもりを解決するために、子どもをあるひきこもりを解決する会にあずけようとしました。この親の方針を子どもに説明すると子どもは激しく抵抗しました。「行きたくない」と言い続け、暴れました。そこでその会のスタッフが4時間以上かけてえんえんと、なだめたり、脅したりして、子どもに「うん」と言わせました。それ以来2年間、子どもは会で寝泊まりして、自立のための訓練を受け続けています。

 力ずくで、むりやりに子どもを家から引き出して他人にあずけることは、その後にとても大きな問題を残すことを親は知っていました。そこで子どもに十分に説得して納得したから、子どもを「会にあずけたのはよかった」と親は言っています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の鬼門「床屋の世間話」を回避する方法【体験談】

468号 2017/10/15

かつて不登校した私から、いま不登校の子を持つ親へ伝えたいこと【不登校経験者・寄稿】

467号 2017/10/1

外見はふつう、内面はひきこもりを続けた結果…【当事者手記】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...