不登校新聞

258号(2009.1.15)

携帯禁止、全国へ波紋

2014年04月24日 15:16 by nakajima_
2008年12月、大阪府教育委員会が府内の公立小中学校に対し、「学校への携帯持ち込みを原則禁止する」という旨の通達を出した。これを受け、全国各地の教育委員会で同様のとり組みが進められるなど、波紋を呼んでいる。

 子どもと携帯電話をめぐる問題については、教育再生懇談会が08年5月、携帯電話の利用制限を盛り込んだ第一次報告を提言したほか、文科省でも同年7月、児童生徒の携帯電話の取り扱いについて、「校内への携帯電話の持ち込みについて原則禁止する」などの指針例を各都道府県教委に通達。これを受け、横浜市教委や妙高市教委など、教育行政による取り組みが進められてきた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...