不登校新聞

385号 (2014.5.1)

かがり火 多田元

2014年04月25日 12:08 by kito-shin


 4月11日、改正少年法が可決、成立した。改正された最も重要な部分は、報道されているとおり少年が犯した罪の重さに見合う罰を加えるという厳罰化と、非行を犯した少年に「言い逃れを許さない」ため少年審判に検察官関与(出席)ができる対象事件をほとんどの犯罪に拡大したことだ。

 他方、家庭裁判所が裁量によって国選の附添人弁護士を検察官関与の対象事件と同じ範囲の犯罪について少年につけることができることとした。しかし、少年側の権利として国選附添人を請求できるわけではないから、対象事件で100%選任される保障はなく、子どもの権利条約の要請を満たすものではない。日弁連は60%程度と見積もっている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

外出せずに散髪するには?【訪問美容という選択肢】

468号 2017/10/15

18歳、今の今がどん底です。生き延び続けるための支えは

468号 2017/10/15

【新刊出来】いま大注目の「ひきこもり女子会」に迫る

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...