不登校新聞

386号 (2014.5.15)

かがり火 森英俊

2014年05月14日 11:38 by kito-shin


 5月には子どもの日があり、母の日もある。子どもの日は「子どもの人格を重んじ、幸福をはかるとともに、母に感謝する」ということが祝日になった主旨とされる。5月5日は古来から端午の節句として男子の健やかな成長を願う行事とされてきたが、3月3日の雛祭りが祝日にならなかったのは男女同権の視点からは不公平と考える人もあろう。

 子どもの日の制定にあたって「母に感謝する」という日であると書かれていることは誰にとっても、まちがいのないことであって、自分の誕生日にも母を思い出しなさいと語った先人もある。母というのは、子どものあるがままを受けとめながら、成長を見守ってくれる貴重な存在だ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...