不登校新聞

254号(2008.11.15)

第2回 受け止めが解体への道

2014年05月22日 14:52 by 匿名
 
 

連載「親子ってなんだろ?」 


このインタビューは里親・里子から親子問題を考える連載「親子ってなんだろう」の2回目。前号に引き続き、芹沢俊介さんのお話を掲載する。

――児童養護施設や里親の役割は何なのですか?
 児童養護施設や里親の役割とは、「受けとめ手」としての親になることです。産みの親は最初から親ではありますが、初めから受けとめ手としての親ではありません。僕は受けとめ手としての親と産みの親は分離できるんだと思うんです。

 ただ、注意したいのは、やはり産みの親が受けとめ手になるのがベストだということです。「光の子どもの家」の菅原哲男さんも「親は子どもを捨てられるけど、子どもは産みの親を捨てられない」と言います。まわりから見れば「ひどいことをするなあ」と思われる親でも、子どもはその親からの連絡を喜ぶし、「そのときの笑顔は僕らにはつくれない」と菅原さんは言うんですね。長くファミリーグループホームを営んでいる相馬豊さんも「はっきり親が死んだとわからないかぎり、子どもは、その家の子になりたがらない」と言っています。子どもは親を捨てることができないんです。親にこそ無条件で自分を差し出してほしいと思っているんですね。

――芹沢さんは、よく「無条件」を強調しますね。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中1で不登校になった僕。母の「好きにしなさい」の言葉が救いに

557号 2021/7/1

自分のことが嫌いな母親たちへ。子どものためにも自分を愛して

555号 2021/6/1

有名私立中学への受験合格後に不登校、山田ルイ53世に起きたこと

554号 2021/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

566号 2021/11/15

不登校の子どもに何ができるのか。45年以上、相談を受けてきた心理カウンセラ...

565号 2021/11/1

衆議院議員総選挙をまぢかに控え、本紙では不登校や子ども関連の施策を主要政党...

564号 2021/10/15

不登校になったら勉強はどうするのか。学校との付き合い方はどうするのか。周囲...