不登校新聞

254号(2008.11.15)

第8回 すべての子どもは調査できない

2014年05月22日 15:05 by nakajima_
 

連載「不登校のナゼ」 


 「共通テスト」が全国で行なわれている。しかし、「共通テスト」には、誰が見てもおかしいことがある。解答用紙が返却されないのである。

 テスト結果については、とても詳細な報告が個々人に配られる。そこで学校の平均、区の平均と比べて自分が上か下かが判定されるのだ。しかし、解答用紙に子どもが書いた「解答」が返されないで、「どこがどうしてまちがったか」が明らかになるだろうか。ひどい場合、問題用紙まで回収される。なおさら、事後の指導ができない。

 このことを区教育委員会の指導主事に質問したところ、「共通テストを実施している業者から許可が出ないから」という返事だった。つまりテスト内容は、「業界のヒミツ」というわけだ。業者の利益擁護が最優先されているのかと愕然とした記憶がある。

 すべての子どもは調査できない

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...