不登校新聞

360号(2013.4.15)

メモ「高校卒業程度認定試験」

2013年08月06日 15:00 by kito-shin


 1951年、高認の前身となる大学入学資格検定(略称・大検)が実施。以降、毎年実施され、2005年に現在の高認に移行した。毎年、夏と秋に実施され、年度末までに満16歳以上になる者は受験が可能。

 合格すると公的に「高等学校を卒業した者と同等以上の学力がある」とみなされる(高等学校卒業程度認定試験規則第1条)。
 
 昨年度の出願者は2万5201人。05年の移行以後、出願者は増加傾向にあったが、この数年は出願者が減り、現在は10年前(03年度出願者)とほぼ同数。

 12年度の合格者の平均年齢は21・3歳。合格者最高年齢は76歳。16~18歳までの年齢層が49・3%を占める。受験者の最終学歴で多かったのが「高校中退 」57・1%、「全日・通信・定時制在学中」26・2%。

関連記事

子どもを傷つける不登校対応の2大タブーとは

468号 2017/10/15

困った子? 困っている子? 親の見方で変わる子どものその後

466号 2017/9/15

不登校で焦る息子を救った父の一言

464号 2017/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...