不登校新聞

360号(2013.4.15)

メモ「高校卒業程度認定試験」

2013年08月06日 15:00 by kito-shin


 1951年、高認の前身となる大学入学資格検定(略称・大検)が実施。以降、毎年実施され、2005年に現在の高認に移行した。毎年、夏と秋に実施され、年度末までに満16歳以上になる者は受験が可能。

 合格すると公的に「高等学校を卒業した者と同等以上の学力がある」とみなされる(高等学校卒業程度認定試験規則第1条)。
 
 昨年度の出願者は2万5201人。05年の移行以後、出願者は増加傾向にあったが、この数年は出願者が減り、現在は10年前(03年度出願者)とほぼ同数。

 12年度の合格者の平均年齢は21・3歳。合格者最高年齢は76歳。16~18歳までの年齢層が49・3%を占める。受験者の最終学歴で多かったのが「高校中退 」57・1%、「全日・通信・定時制在学中」26・2%。

関連記事

「お盆休みの里帰りがしんどい」不登校の親子で乗り切るコツは

512号 2019/8/15

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...