不登校新聞

360号(2013.4.15)

第11回 祖父母が孫の助けになれること

2013年12月25日 12:01 by kito-shin


連載「孫の不登校」

 祖父母にとって、お孫さんは「目に入れても痛くない」と昔から言われるほどかわいい存在です。生まれてから大きくなるまで、いや大人になってからも、すこしでも幸せであってほしい、喜んでいてほしい、と心から思い、できることを考えます。これは同居していても離れていても、いっしょの気持ちだと思います。
 
 だからこそ、その孫が「学校を休んでいる」「行きづらいらしい」と聞くと、心配でたまらなくなります。なんとか登校できるようによかれと思ってなにか言うと、孫が荒れたり自分を避けたりするようにもなります。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...