不登校新聞

360号(2013.4.15)

不登校の歴史 第360回

2013年08月06日 14:55 by kito-shin



渡辺位さんご逝去

 2009年5月は、日本の登校拒否・不登校を考えるうえで、非常に大きな存在であった、ある人物の訃報を記さないわけにはいかない。
 
 その人物とは、渡辺位さんである。
 
 5月25日未明、東京歯科大学市川総合病院で、心筋梗塞のため永眠された。御年83歳。すぐれた児童精神科医だった。
 
 亡くなられる前の数年間は白内障、不整脈、ガンとつきあいながらも、いつも落ち着いておられて、静かに、講演や相談、アドバイザーや執筆などを多忙にこなしておられた。
 
 庭の木や花の話、猫の話、そして「人」という生命について、その深いお話がいつでも聞ける気がしていた私は、奥様からご他界された話を聞き、うかつさに呆然としたのだった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...