不登校新聞

393号 (2014.9.1)

かがり火 奥地圭子

2014年08月29日 12:45 by kito-shin


 毎年、9月1日を前にすると、1つのことを祈らずにはいられない。今年こそ、死んでしまう子が出ないように、と。

 「2学期こそ登校してほしい」とお子さんに期待している家族の方がいるとしたら、その期待は危ういものである、と伝えたい。「いえ、子どもには言いませんよ」とおっしゃるかもしれないが、言葉にしなくても子どもはわかっている。

 そして「期待に応えなければならない。でも、できそうにない。でも、そうしなければならない」と葛藤する苦しさは並大抵ではない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...