不登校新聞

350号(2012.11.15)

居場所を見つける旅 第11回

2013年08月12日 11:36 by kito-shin


 「五感を使ったワークショップ」コミュニケーション・人間関係講座に参加して来ました。よりよい人間関係を学びたい30歳代までの青少年を対象とした、ワークショップです。しゃらくさいと避けてきた、生きる練習に挑戦です。
 
 すべての支援は、ひきこもり本人への直接支援であるべきと確信しています。支援者でなく、社会参加支援金というかたちで、当事者に直接届けるのです。それを使って、本人が自分に最適な支援を選べばいい。ひきこもりはお金がなく、交通費にすら事欠く始末です。社会復帰して会社で働き給料をもらってからでないと、社会参加ができない、そんなおかしな逆転現象が起こっているのです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...