不登校新聞

397号 2014/11/1

ひきこもりの僕のフツーの一日

2014年10月30日 14:39 by kito-shin


 今回はひきこもり当事者のふだんの一日を執筆してもらった。「あるある」と共感していただける部分もあると思う。当事者のリアルを感じていただければ幸い。

■午後10時~
お昼ごろに寝たので起きる。頭が痛くてモヤモヤするのでお風呂に入り、頭をよくマッサージしながら洗う(これで頭が少しスッキリする)。

■午前1時~3時
寝ようとするのだけど寝れない。

■午前3時~
寝れないので起きる。こんな夜中でやれることもないのでテレビゲームかインターネットの動画サイトでも見る。

■午前5時~6時
親が起きて来るので、それに合わせて話したいときは話して、朝ご飯を食べる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...