不登校新聞

397号 2014/11/1

17機関にひきこもり相談、どこも気に入らなかった私が提案したい支援

2014年11月14日 16:45 by kito-shin

「ひきこもりUX会議」の打ち合わせのようす。写真右端:石崎森人

 11月30日、イベント「ひきこもりUX会議~ひきこもり支援 当事者8人からの実用的な提案」を全国不登校新聞社ら5者共催で開催する。イベントの運営者の1人、石崎森人さんにその思いを執筆いただいた。

  ひきこもっていた当時、精神科病院に通っていれば、いつかよくなると思っていた。そこしかないと思っていた。ただ、そこで指導されることは、対症療法的であり、根本的な解決にはならなかった。
 
 「朝がダルくて、起きられない」と訴えれば、朝起きやすくなるとされる薬を処方される。「早く寝なさい」「眠れないから寝る前に悩むのはやめなさい」「日中起きてないから夜眠れないんだ」などなどのアドバイスをもらったが、それができたら最初から悩まない。
 
 ある日、たまたま病院の壁に貼ってあったグループカウンセリングの集会を知り、自分のように出口が見えない人たちの受け皿が病院以外にもあることを知った。考えてみれば、ひきこもっているときに、ひきこもり支援についてネットで検索をかけることは怖い。外出も病院やコンビニぐらいしかない。部屋にテレビはないし、新聞は親のところにある……。どんなに支援があっても、情報は届いてこない。
 
 そこから、ワラをもすがる思いで、さまざまな団体、機関をめぐった。ハローワーク、サポートステーション、カウンセリング、デイケアなどなど、病院も含めると17機関以上にもなった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「入学式は行く」と決意したのに、まったく行けなかった私の不登校

527号 2020/4/1

「つらい仕事のイメージを変えたい」不登校で学んだ自己決定を支えに

527号 2020/4/1

学級委員だった僕が不登校になったのは「宿題が終わらない」でした

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。