不登校新聞

397号 2014/11/1

渡辺位さんの言葉「それを聞いてどうするんです?」

2014年10月30日 13:39 by shiko


連載「渡辺位さんの言葉」


 「子どもが元気になるためにはどうしたらいいんですか?」という質問に渡辺さんは「それを聞いてどうするんです?」と答えた。
 
 あれは長野での講演会だったか、質疑応答の時間中、父親の立場だと思われる男性が、それを聞いた。当時、私は10代の半ばごろ。不登校の当事者として会場に座っていたのだが、なぜか私のほうが寒々とした思いに駆られたのを覚えている。なんだか質問の意図を見透かされたような気になったからだ。
 
 質問者の男性はマイクを握ったまま、「親だったら当然だと思いますが」と憤慨して言いかえした。渡辺さんは諭すように語りかけた。
 
 「お子さんは生きていらっしゃるんですよね、生きているときは元気なときもあれば元気がないときもありますね」。
 
 すっと渡辺さんが司会者を見た。「はい、次の質問に」と言いたげなしぐさ。男性は食い下がった。
 
 「うちの子は不登校です。ずっと部屋で閉じこもっています。だから、どうしたら元気になるのかと聞いているんです」。
 
 渡辺さんはゆっくり男性のほうを見てまた語りかけた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

471号 2017/12/1

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(著...

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...