不登校新聞

237号(2008.3.1)

ひといき 山下耕平

2014年11月05日 14:38 by 匿名

 「前は時間になると後になることもあるよね?」と、7歳の息子が聞いてきた。また来たなと内心思いつつ、「なんで?」と聞くと、「だって昔のことをマエって言うでしょう。なんで未来のことを前って言わないのかな?」。

 なるほど。たしかに方向で考えると前が未来で後が過去のほうがふさわしい気がする。時間になると前が後になる……さらに、気づけば後は前になっている。1時間後、3年後とか言う場合は、後が未来のことだ。

 う~ん。辞書では「前」は①物の正面にあたるところ、②ある時点より早いこと、の二つに大別できるようだが、イマイチ納得できず。誰か教えてくださる方、大阪通信局までご一報を。(大阪通信局・山下耕平)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

562号 2021/9/15

森の喫茶店 第562号

562号 2021/9/15

編集後記

561号 2021/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...

561号 2021/9/1

2021年8月21日 NPO法人全国不登校新聞社は子どもにかかわるすべての...

560号 2021/8/15

娘が夏休み明けに突然の不登校。娘のペースを大事にしたいと思いながらも揺れて...