不登校新聞

398号 2014/11/15

かがり火 森英俊

2014年11月14日 12:11 by kito-shin
2014年11月14日 12:11 by kito-shin


 11月15日は「七五三」である。「七五三」とは、子どもがそれぞれ7歳、5歳、3歳になったことを祝して、健康を祈ってお祝いする行事である。地方によっては数え年にしたり、満年齢で行なうところもある。。

 江戸時代に始まったとされ、それまでの日本は、現在の開発途上国と同様に、栄養不足や公衆衛生の低下、貧困問題などで、乳幼児が成人に達するまでの生存率はきわめて低く、そのようなことから乳幼児の生命を祝う節目としての七五三が定着したという説もある。また子どもの厄年として厄払いをしている地方もある。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

621号 2024/3/1

編集後記

621号 2024/3/1

『不登校新聞』のおすすめ

620号 2024/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…