不登校新聞

398号 2014/11/15

かがり火 森英俊

2014年11月14日 12:11 by kito-shin


 11月15日は「七五三」である。「七五三」とは、子どもがそれぞれ7歳、5歳、3歳になったことを祝して、健康を祈ってお祝いする行事である。地方によっては数え年にしたり、満年齢で行なうところもある。。

 江戸時代に始まったとされ、それまでの日本は、現在の開発途上国と同様に、栄養不足や公衆衛生の低下、貧困問題などで、乳幼児が成人に達するまでの生存率はきわめて低く、そのようなことから乳幼児の生命を祝う節目としての七五三が定着したという説もある。また子どもの厄年として厄払いをしている地方もある。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...