10/29 第1回研修のようす(写真提供:NPO法人フォロ)


 フリースクール・フォロ(大阪市中央区)が、不登校の子ども・家庭をサポートする社会資源ネットワークを構築する事業を始めた。ソーシャルワークの視点にもとづいて、フリースクールなど関係団体が協同し、セーフティネットの役割を果たすことを目的としている。
 
 近年、家庭や保護者が、経済面だけではなく、精神的な余裕も奪われてきているなか、保護者が精神疾患であったり、生活状況が困窮していたり、さまざまな問題が生じている。そうしたなか、子ども自身も、不登校という観点からだけでは捉えきれないような、さまざまな困難に直面しており、フリースクールのスタッフにかかる負担も、大きくなっている。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。