不登校新聞

398号 2014/11/15

社会資源でサポートを、大阪のフリースクールが連携

2014年11月14日 16:12 by kito-shin

10/29 第1回研修のようす(写真提供:NPO法人フォロ)


 フリースクール・フォロ(大阪市中央区)が、不登校の子ども・家庭をサポートする社会資源ネットワークを構築する事業を始めた。ソーシャルワークの視点にもとづいて、フリースクールなど関係団体が協同し、セーフティネットの役割を果たすことを目的としている。
 
 近年、家庭や保護者が、経済面だけではなく、精神的な余裕も奪われてきているなか、保護者が精神疾患であったり、生活状況が困窮していたり、さまざまな問題が生じている。そうしたなか、子ども自身も、不登校という観点からだけでは捉えきれないような、さまざまな困難に直面しており、フリースクールのスタッフにかかる負担も、大きくなっている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...