不登校新聞

398号 2014/11/15

社会資源でサポートを、大阪のフリースクールが連携

2014年11月14日 16:12 by kito-shin
2014年11月14日 16:12 by kito-shin

10/29 第1回研修のようす(写真提供:NPO法人フォロ)


 フリースクール・フォロ(大阪市中央区)が、不登校の子ども・家庭をサポートする社会資源ネットワークを構築する事業を始めた。ソーシャルワークの視点にもとづいて、フリースクールなど関係団体が協同し、セーフティネットの役割を果たすことを目的としている。
 
 近年、家庭や保護者が、経済面だけではなく、精神的な余裕も奪われてきているなか、保護者が精神疾患であったり、生活状況が困窮していたり、さまざまな問題が生じている。そうしたなか、子ども自身も、不登校という観点からだけでは捉えきれないような、さまざまな困難に直面しており、フリースクールのスタッフにかかる負担も、大きくなっている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校のきっかけは先生」、「不登校で家庭の支出が増大」約2800名へのアンケートで見えてきた当事者の新たなニーズ

619号 2024/2/1

物議を醸した東近江市長の発言 不登校の歴史から考える差別や偏見に立ち向かうために必要なこと

614号 2023/11/15

いじめがきっかけで不登校に 学校と生徒で「認知差85倍」の理由【全文公開】

613号 2023/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…