不登校新聞

336号(2012.4.15)

書評『ゆっくりとラジカルに』

2013年07月30日 12:48 by kito-shin


 内田雄造追悼文集『ゆっくりとラジカルに』が刊行された。内田雄造氏は、本紙論説委員であり、「モモの部屋」主宰の内田良子さんの夫。2011年1月、内田雄造氏は急性心筋梗塞により急逝(享年68歳)。1960年代、建築学科の大学院生のときに東大闘争に参加し、以後、「抵抗の都市計画運動」をライフワークとし、つねに住民サイドに立ったまちづくりを志し、現地での実践と運動に地道に取り組んできた。

 本書は急逝を受け、2011年6月から8カ月間かけてまとめられたものである。内容は、内田雄造氏の論文、レポート、エッセイ、インタビュー、319人 からの追悼文、通夜および告別式での弔辞など全542ページにおよぶ。書籍申込みや問い合わせは下記を参照に。(石井志昂)

■内田雄造追悼文集
『ゆっくりとラジカルに』
価格/3000円(送料500円)
体裁/A5版542ページ、
連絡先/090-2207-9066(工藤)

関連記事

“「いじめ」と「いじり」の違いは?” 書評

208号 2006/12/15

書評『「ニート」って言うな!』

208号 2006/12/15

書評『欲ばり過ぎる日本の教育』

208号 2006/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...