不登校新聞

336号(2012.4.15)

書評『ゆっくりとラジカルに』

2013年07月30日 12:48 by kito-shin
2013年07月30日 12:48 by kito-shin


 内田雄造追悼文集『ゆっくりとラジカルに』が刊行された。内田雄造氏は、本紙論説委員であり、「モモの部屋」主宰の内田良子さんの夫。2011年1月、内田雄造氏は急性心筋梗塞により急逝(享年68歳)。1960年代、建築学科の大学院生のときに東大闘争に参加し、以後、「抵抗の都市計画運動」をライフワークとし、つねに住民サイドに立ったまちづくりを志し、現地での実践と運動に地道に取り組んできた。

 本書は急逝を受け、2011年6月から8カ月間かけてまとめられたものである。内容は、内田雄造氏の論文、レポート、エッセイ、インタビュー、319人 からの追悼文、通夜および告別式での弔辞など全542ページにおよぶ。書籍申込みや問い合わせは下記を参照に。(石井志昂)

■内田雄造追悼文集
『ゆっくりとラジカルに』
価格/3000円(送料500円)
体裁/A5版542ページ、
連絡先/090-2207-9066(工藤)

関連記事

伝説の娼婦「ヨコハマメリー」【映画評】

195号(2006.6.1)

まんじゅうプロブレムが怖すぎる “今のPTA問題”をまとめた一冊

494号 2018/11/15

“「いじめ」と「いじり」の違いは?” 書評

208号 2006/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…